Home / ソレイユって?

ソレイユって?

ソレイユでは、お子様の『できた』の笑顔を引き出すために『自分でやってみようか!ほら、もう少しだよ』と、お子様の小さな『できた』の1つ1つを尊重します。

小さなできたの積み重ねは、自然と子供達の『自信』にも繋がり、また、僕らはその『できた!』を隣で一緒に思いきり喜んであげることで、お子様の秘めた個性を引き出します。

子どもたちひとりひとり平等に「素晴らしい個性」があり、ひとりひとり「生きていくペース」が違います。

だからこそ、その子の『個性』と『ペース』を大切に考え、一緒にいっぱい笑って、『明日もソレイユに行きたい!』が聞けるように、子どもたちと一緒に楽しい時間を過ごしていけたらいいなと思っています。

児童デイサービスって?

発達に心配のある子どもや障がいを持つ子どもを対象に、療育を行う専門性のある事業の名称です。

児童発達支援事業は小学校就学前の幼児を対象とし、さまざまな発達的視点を持ちながら子どもの育ちをご家族とともに見守ります。

放課後等デイサービスは小学校1 年生から高校卒業までの児童生徒を対象とし、発達的視点のほか、自立に向けたさまざまな体験・経験を行います。

例えば、友達とコミュニケーションがうまく出来ない子どもには、子どもの小集団に複数の指導者が仲介に入り、子ども同士で「楽しく遊べた」といった経験を積み上げます。

運動面が苦手な子どもには、身体を使った遊びを促すなど、それぞれの子どもにあった個別支援計画を立て、それを基に様々な療育を施します。

★ソレイユは、児童福祉法に基づく「児童発達支援事業」です。
★ソレイユは、児童福祉法に基づく「放課後等デイサービス」です。

※それぞれ、市町村に利用に係る給付申請が必要になります。

ソレイユではこんな悩みを解決できます

autohr2

コミュニケーション力を身に付けたい

「ABA(応用行動分析)と言うコミュニケーション力を高める療育方法を取り入れています。初期段階では個別に集中的なトレーニングを行い、コミュニケーションの基礎を築き、その時その場で一番適したコミュニケーションや自発的な言葉(サイン等も含める)等、集団参加に必要となる遊びや言語トレーニングを行います。」
autohr2

ソーシャルスキルを身につけてほしい

ソーシャルスキルとは対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技能(スキル)の事です。言い換えれば、対人場面において相手に適切に反応するために用いられる言語的・非言語的な対人行動のことでその対人行動を習得する練習の事を【ソーシャルスキルトレーニング】と言います。対人関係につまずきを示す子供たちがそれぞれの発達段階において、獲得すべきスキルに合わせたトレーニングを行います。
autohr2

自分の子供への接した方がわからない

「ご安心下さい。日々のお子様の特性をお伝えしたり必要に応じてカウンセリングを行います。カウンセリングした内容をご家庭でも役立つようにお伝えします。」
autohr2

子供にもっと自信を持たせたい

「お子様の出来ること出来ないことを理解し、出来ることを最大限に引き出し可能性を増やせるよう支援します。」

ソレイユでは7つのスキルで悩みを解決できます。

トイレスキル

徐々にオムツ離れをしていき、一人でトイレができるようにトイレトレーニングを行っております。(実績あり)

学習スキル

勉強に取り組む姿勢作 りから進め、分からな いことが分かるまで一 緒に行います。(幼児 教育~学校の教科迄)

言語スキル

音声模倣から名詞・動詞・形容詞の意味理解や言葉の表出、ひらがな・カタカナの理解などを教えていきます。

遊びスキル

お絵かき、ままごと等の一人遊びから集団で遊ぶ様々なレクリエーションを発達の状況に合わせて行います。

身辺自立スキル

スプーン・フォーク・はしの使い方、服の着脱等の日常に関わる行為を支援します。

運動スキル

遊びながら体のバランスを良くする体幹トレーニングからスーポツセンターに行って水泳を教えています。また、天気の良い日は近隣の公園で鬼ごっこ等、昔ながらの集団遊びを行います。

社会性スキル

お子様が今何に困っているのか、解消するためにどのような社会性スキルが必要なのかを探していき、日常生活や幼稚園・保育園・学校等で困ることが少なくなるように指導していきます。