Home / INFORMATION / 【圧倒的成長】子供がボルダリングを習い事にする5つのメリットとは?知的なスポーツ?

【圧倒的成長】子供がボルダリングを習い事にする5つのメリットとは?知的なスポーツ?

東京オリンピックの正式種目となって最近話題になっています。そんなボルダリングは子どもの競技人口も増えているように感じます。
 
これから認知度がさらに増えていくであろうボルダリングを習い事としていち早く取り入れてはいかがでしょうか?

「全身運動である」ことはもちろんのこと、かなり頭も使わないといけない「知的なスポーツ」ですので習い事にピッタリ!!
 
それでは、子供の習い事にボルダリングが良い理由や効果を詳しくみていきましょう。

目次

  • ボルダリングってなに?
    • メリット1.全身の筋力・体力・バランス感覚が身につく
    • メリット2.考える力が身につく
    • メリット3.集中力が身につく
    • メリット4.チャレンジ精神が身につく
    • メリット5.コミュニケーション能力と協調性が身に付く
  • ボルダリングではどんなレッスンをしているの?(無料です)

ボルダリングってなに?

まずは、ボルダリングについて軽くふれておきます。
 
高さが4~5mほどある壁に取り付けられた「ホールド」と呼ばれる石のような突起物を使って、壁を登るスポーツです。(弊社の場合は高さを3m程度にしています)
 
簡単に言いますと「壁登り」です。

ホールドを使って下から上まで登ればいいというわけではなく、登るコースが決められていて決められたホールドのみを使って壁を登るスポーツです。

コースは難易度別に分けたりします。
 
運動が苦手な人でもハシゴを登ることができればできると言われています。

つまり、ほとんどの人が楽しむことのできるスポーツなのです。
 
ほとんどの人が楽しむことのできるボルダリング!

いったいなぜボルダリングが習い事におすすめなのでしょうか?

* メリット1.全身の筋力・体力・バランス感覚が身につく

ボルダリングは全身運動です。
壁を登るという動きで腕や上半身だけでなく、下半身も鍛えられていきます。
 
最近は運動をする子供も減ってきたように感じますが、ボルダリングをすることで運動不足を解消することができます。

* メリット2.考える力が身につく

ボルダリングでは壁にホールドと呼ばれるカラフルな石のようなものがついており、それを使って登っていきます。
 
そして、登るコースによって使っていいホールドが変わってきます。

それぞれのコースで使っていいホールドが違うので、ホールドを覚えたり、手順や足順を考える必要が出てくるのです。

* 「どうやったら課題(コース)がクリアできるか?」
* 「ホールドの持ち方が悪いのかな?」
* 「足の位置が悪いのかな?」
* 「手と足を動かす順番が悪いのかな?」

登るだけ、ではなく実は頭を使うパズル的な要素がふんだんに盛り込まれています。
 
ボルダリングを続けることで頭を使い自分で考えていく癖がついてきます。

* メリット3.集中力が身につく

登るコースのゴールに向かって集中して登っていきます。

集中力が散漫になると、壁から落ちてしまうので、いやでも集中する環境下となります。
 
一つの物事に集中するのが苦手なお子様はボルダリングを試してみることをおススメします。

登ることを繰り返していくことで集中力が少しずつ養われていきます。

* メリット4.チャレンジ精神が身につく

ボルダリングを習うことで「チャレンジ精神」が身につきます。

ボルダリングでは課題のコースをできるまで何度も挑戦することになります。

時にはうまく体を動かせず落ちてしまうこともあるでしょう。

そのたびに「次はどうやればうまくいくのか?」を考えて何度もチャレンジします。

子どもの頃からこのような「チャレンジ精神」を身に付けられるのは大きなメリットになることでしょう。

* メリット5.コミュニケーション能力と協調性が身に付く

弊社でボルダリングを行う場合、複数の子どもで楽しむことになります。

この場合、順番を待ったり、登っている子の邪魔にならないようスペースを空けたり、といったような「他のお友達のためになにかをしなければならない時間」が多くなります。

こういった経験をすることにより、協調性が育まれるのです。

また、難しい課題に苦戦しているときは、いろんな人のやり方を聞いて、コミュニケーションを取ることもボルダリングの楽しみの一つです。

基本的には一人の競技ですが、待っている間に他の人の応援をして一緒に楽しむことや、逆に応援してもらうことで、コミュニケーション能力や協調性を養うことができます。

「ガンバレ!!」や「ナイスッ!!」と声を掛けあって、グータッチをして健闘を称え合えば、沢山の人といい関係を作れる子に育ってくれるかもしれませんね。

成功体験や、達成感、幸福感をさらにアップして、ストレス社会に強くなる効果も期待できそうです。

以上が、ボルダリングを習い事にする5つのメリットです。

ボルダリングではどんなレッスンをしているの?(無料です)

ボルダリングのレクリエーションでは、

・準備運動
・ストレッチ
・注意事項の説明(下をくぐらない等)
・簡単なコースを挑戦
・難易度を徐々に上げていく

という流れを基本として行います。
(お子さまの状況により遊び方を微調整させてもらっています)